日常とかゲームとか。今はFFXIV中心な、メモ書きみたいなのも書けたらな、とそんな場所(´・ω・`)
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
極ラーヴァナクリア!
2015-09-24 Thu 10:15

【初めてのフレさん2】
ffxiv_20150926_202912.png

宿屋に入りかけて、こちらに気が付いて手を振るPC。
名前を見ると知っている人だった。SNSでその人が14していて、
キャラの名前もお互いに認知していたので、すぐに気が付いた。
最も、進度が違いすぎて14のほうでは接触は無かった状態だった。

「何してるの?w」

そう声をかけてくれて、普段使わないチャット欄に文字を打ち始める。


いやー、ついに極ラーヴァナをクリアしました!
ということで、僭越ではありますが下記はST戦士に関してです!




【極ラーヴァナST(戦士)】

>>スタート~光焔【序】発動まで
しょっぱな頭割り(武神閃)が来ます。
ここでSTが頭割りを失敗すると、MTに大きなダメージが加わるため
ヒーラーが大きな回復魔法を使います。すると、ヘイトがMTを上回る事が
発生するようになるので、フォーサイトなどで軽減しつつ受けます。
〇〇防御、への対応は数をこなせば慣れるので、焦らず。

極ラーヴァナ戦STの重大なポイントである、頭割りに関してですが
攻略サイトでは"アートマリンガ"と言う技の後に頭割りがくる。"
という記載が多く見受けられます。しかしアートマリンガを目印にするのは
とても失敗しやすいです(エフェクトが地味で無詠唱のため)
そのため、このフェーズに関してSTは次のように動くと楽です。

・スタートの頭割り
・鬼武神(3連発の攻撃。MTがノックバックされます)の後

なので、スタートの除いてしまえば鬼武神の後にMTの近くに。


>>光焔【序】→光焔【破】まで

ここは打ち合わせどおりに動きます。
かつ、頭割りもないのでSTはひたすら火力を追求していきます。


>>光焔【破】後~チャンドラハース
イフリートの4連タックルのようなものが終わった後です。
STはラーヴァナが「舞えよ胡蝶、兵どもの魂よ!!」と言うまで
火力追及してOKです。頭割りも存在しないです。

ここでSTが意識することは"鬼武神"の後に頭割りが来る。ことのみ。
それまでは胡蝶をひたすら攻撃していきます。自分はヴィントコンボ使い、
ヴィントを打ち込む(メイムまでいってあとはヴィント打つ状態)手前まで
持っていき、頭割り来るときに打ち込んだりしてます。

「鬼武神見逃すんだけど」
という方は、その前に〇〇防御が来るので、それ見えたら警戒…
という手段もあります。ただ胡蝶叩けないので鬼武神がおすすめ。


>>チャンドラハース後~光焔【急】→光焔【滅】まで

ここは頭割り無しです。ひたすらギミック重視!
以外と一つ一つの技の詠唱が長く、沢山叩けます、チャンス。

ちなみに白マーカー(全員で頭割り)⇒赤マーカー(MTへ渡す)の時、
白マーカーで頭割りしたあと、ちょっとお互いに間隔を取っておくと
赤マーカーが付いたときに、無駄にマークが行ったり来たりせず
スムーズにMTへと渡すことが出来るので◎


>>光焔【滅】後~神通力(全滅技)
ここもフェーズ1と同じく、しょっぱな頭割り、鬼武神の後に頭割りです。
ここまで来るとループに入るので、あとは冷静に処理していくのみ。
確実な動作でクリアを目指していきます。


ちなみに衝撃波はホルムギャングで吹き飛ばされなくなりますが、
なんだかラーヴァナ、タゲ切れたりして失敗するときあるので
大人しく壁を探したほうが無難です…、やられました(´・ω・`)

一件めちゃくちゃ難しく見える極ラーヴァナ、冷静に処理して行けば意外と
自分が処理すべきギミックは少ないです。諦めずにチャレンジ(`・ω・´)

PIfYO.png
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | FFXIV | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<忘れられた鍛冶師 | 羽の手帳 | イシュガルド教皇庁の夕暮れ>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。