日常とかゲームとか。今はFFXIV中心な、メモ書きみたいなのも書けたらな、とそんな場所(´・ω・`)
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
イシュガルド教皇庁の夕暮れ
2015-09-19 Sat 02:26

【初めてのフレさん1】
ffxiv_20140318_021518jt.png

自分がまだ、FF14を始めて間もない時。
始めた時は、もちろん誰かと交流もある訳でもなく、オフゲーのように
ただただレベル上げとクエストをこなしていく単純な毎日だった。

チャット欄を活用することも本当に少ない。そして長時間プレイするといくら
やり始めたときのワクワク感があっても疲れてくる。かといって、広場の
ど真ん中でキャラ放置もなぁ…。と思った自分は、inしたまま休憩できる
場所を探して見つけ出した。いわゆる"お気に入りの場所"みたいなもの。

そこはリムサ・ロミンサ上甲にある冒険者ギルド、溺れた海豚亭の客席。
ほどよく人気もあって、なんとなく気に入って休憩するときはそこに居座る
ことが多くなった。そんなところから、初めてのフレさんに遭遇する。


今日、イシュガルド教皇庁だけ"なぜいつも夕暮れなのか"という理由を
聞いてちょっと来るものがありました…。いやゆる、キャラクターが
イシュガルド教皇庁へと突入し、あのイベントが発生したとき。
それが、プレイヤーキャラクターの脳裏から離れていないから、だそうです。
暗黒騎士の30-50のクエストも、プレイヤーキャラクターの人間らしさ、という
ものがキーだったので、その後にこの理由を聞くともっと人間っぽくなって…。
ちなみに暗黒騎士クエストは本当に良質なので、余力あれば是非(`・ω・´)

すごいどうでも良いですが、毎回記事の先頭にあるものは、実話だったり。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | FFXIV | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<極ラーヴァナクリア! | 羽の手帳 | FCチェスト>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。