日常とかゲームとか。今はFFXIV中心な、メモ書きみたいなのも書けたらな、とそんな場所(´・ω・`)
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
極ラーヴァナへ
2015-09-08 Tue 02:22
【見知らぬモンクさん1】

ffxiv_20150908_014333_2015090802425462d.png



「いつもここに居ますね」

そう声をかけてきたのは、名前も知らないモンクさん。
彼は隣に座るやいなや、突然sayで声をかけてきた。



さて、極ラーヴァナに行って来ました。
今回はお誘いを受けて、ということだったのですけど不甲斐ない結果…。
戦士(ST)で試しに行ったのですが、まず頭割りのタイミングから惑わされる。
というのも、合間合間に挟んでくる○○防御! というものが余計に拍車をかける。

しかし、こんなのは序の口。
胡蝶が出現するPから余計にごちゃごちゃ…。
ラーヴァナを叩くのを中断し、胡蝶へ打撃を与えて頭割りのタイミングがきたら
MTのところにかけよってダメージを割る。頭割り攻撃の予兆である
アートマリンガもまた微妙なエフェクトで、見逃した隙に凄まじいダメージが
MTさんを襲っている…w もちろんの事ダウンしますよね(

なんとか

「武の真髄!チャンドラハァァァス!」

は拝めたものの、もう頭割りのタイミングの疑問で頭がいっぱい…w
初見PTで募集して主催しようと思っていたけど、これ主催しなくてよかった…w
そう思えた蛮神戦でしたw 戦士の経験が圧倒的に浅い、っていうのもまた。

が、たかだかこんなので諦めるタチでもないので、
解散後どうにかイイ解決策はないかと探ってみました。


以下は体感からのメモ書きで終わりです。
季節の変わり目、体調お気をつけてー、ではでは。



【タンクST】
>>P1
しょっぱな頭割り。
攻略サイトではアートマリンガ後に頭割りなんとか、とか書いてましたが
防御の段階で頭割りの準備で良いような。見落としまず無いですし…。
だから実質頭割りでの移動は、防御後と3連撃の後。

>>P2
攻略サイト通り。
序を放ったら、自分が行くべきマーカーにすでに向かっていると楽。
破は極イフの突進のぱくり。

>>P3
問題の胡蝶P。
動画眺めてたらMTに3連撃が飛んだら向かうほうが圧倒的に楽そう。
防御⇒3連⇒頭割り みたいな感じなので、防御を見たらラーヴァナを
観察することに少し傾けると良さそう(?) 実戦後に思いついたので予想のみ。
次練習するときに試すことが出来たらな、と思います。

【参考攻略サイト様】
unnamed.png


関連記事
スポンサーサイト
別窓 | FFXIV | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<戦士のスキル回し | 羽の手帳 | 初めに>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。